こんばんは。

 

今日は1年生が公ふ式戦でした。

 

中々勝てず、苦しんでいる1年生でしたが、今日は2-0で快勝。

PKを外してしまう場面もありましたが、それでも勝ち切ったのは間違いなく彼らの力はついてきています。

これにおごらず、練習、練習試合に励んで欲しいですね。

今日の結果は忘れて、明日からまた前進です!

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

今日、私は朝からサッカーとは別の件で西宮へ。

そして、昼前に3年前からヘッドコーチとして関わらせて頂いている大阪経済法科大学のリーグ戦の最終節へ移動。

久々に大学生の試合のベンチに入らせてもらいました。

 

最終節=4年生最後の試合です。

この4年生が入学した際に休部していたサッカー部が再開しました。

0どころか、マイナスからのスタート。

0から始めるしんどさはやった人間にしか分かりません。

4年生である彼らはそれを大学生で経験できました。

 

ここの大学、3年ほど前から少しずつ関わらせて頂き、4年生の苦労も少しだけ見てきました。

本当に大変な環境の中、頑張ってきたと思います。

 

再開後の最初のリーグ戦は3部の最下位。

そうです、関西の大学サッカーの中で最下位です。ww

メンバーにはインターハイや、選手権に出た選手も居ます。それなのに・・・です。

 

でも、スポーツってチームや経歴でするものではありません。

人が色々な想いを持ってするものです。

 

今期は3部で3位。

本当によく頑張ったと思います。

 

今日の試合は拮抗した中から4年生が先制。その後、沈滞したムードから4年生が追加点。

留学生でほぼ初心者の4年生も最後の3分で初出場。(人生で初の公式戦)

 

キャプテンは累積警告で出場停止。

先制点を入れた4年生がゴール後にスタンドで観ているキャプテンのところへ・・・

彼のユニフォームの下はキャプテンの10番のユニフォーム。

キャプテン、ここから涙腺が緩みまくりです。()

ベンチからでしたが、それが伝わってきました。

 

そんなこんなで2-0で試合終了。その後、お決まりの円になってのセレモニー。

4年生は涙、涙。3年生も涙。2年生も。。。

1年生はボーっと。()

来年度の新入生も5名が観戦してくれていました。

 

4年生6名&マネージャー1名。

マネージャー、本当に良く頑張ってました。

気立ての良い、本当に良い子でした。

 

御年63歳の総監督から「嫁さんにするなら、こんな子やで・・・」と。

間違いなく御意。(^^)/

 

4年生、3年生、監督、不肖ながら私も一言。

最後に総監督からの言葉

「大学は教える、教えられる場ではない。君たちが高校までの教えを“磨く場”なんだ」と。

普段は文句ばかり言うている総監督でしたが()、ええ話聞きました。

 

この大学、地元の方々からは偏差値の低い、誰にでも入れる大学、言われています。

そして、やんちゃな奴が、アホな奴が多い、と言われています。

最近は本当にそうでも無いんですけどね。

でも、そんなことを言う奴の方が結構ショボい。。。()

 

3部の大学でも2部でも1部でも関係ないですね。

その人の気持ち一つでどうにでもなる。

 

今日、試合に出た、試合を見た彼らは必ずや何かを得たはずです。

でもそれは4年生は4年間、他の選手は在籍していたからこそ得られるのです。

やはり続けることは大切です。

 

今日は久々にマレッサではなく、“心揺れる試合”でした。

 

 

さぁ、明日はマレッサの2年生の公式戦。

頑張ってもらいましょう。

 

 

FCマレッサ監督 梶田孝史






 

成績アップの新常識!

IMG_4448
IMG_4445