こんばんは。

5期生の初勝利です。
この大会は、できる限り多くの選手が先発から試合に出場し、少しでもチームの一体感を出していこうと考えており、大会前に彼らに伝えました。

年が明けて、リーグが始まり、クラブユース選手権が始まると中々そうはいかなくなります。
マレッサの“やり方”は一貫して、《みんなで闘う》ということです。

『区別はするけど、差別はしない』

《みんなで闘う》、簡単なようで中々難しいことです。
言うは易く行うは難し、です。

みんなが同じ試合数、同じ時間数出場することではありません。

これは体験(体感)したものにしか分かりません。
また、身近で観ていた者(保護者の方々、スタッフ)しか分かりません。

なので、兎に角、待ちます。
どんな結果であれ、待ちます。
勝とうが負けようが、ドキドキしますが、待ちます。(笑) 
胃が痛くなりますが、待ちます。(笑)

1期生から4期生まで、速度はありますが、待った甲斐は必ずあります。

今年もまた忍耐の1年が始まりました。

尚、1年生もリーグ戦でした。
引き分けで勝ち点1を獲得。
中々、良い結果の出ない学年ですが、彼らの溜めているパワーは凄いものがあります。
そんな気がします。

それをどうやって引き出していくか。。。
これもまた楽しみです。

頑張っていきます。



FCマレッサ監督 梶田孝史

 
IMG_4405
IMG_4404
IMG_4402