こんばんは。

本日、振り出しに戻りました。
1年生のフューチャーリーグでの話です。


フューチャーリーグとは1年生の年間リーグで、前期は8人制、後期は11人制のリーグ戦となります。


8人制の前期ではチグハグな攻撃、守備、一体感もあり、3部にいたチームが4部に落ちてしまいました。
チームの雰囲気もびみょ~な感じ。



11人制の後期は4部でのスタートになりました。


この頃、1年生の担当のアシスタントとして指導歴30年近い経験豊富なスタッフを付けました。


1年生担当は彼からいろいろ吸収してくれたと思います。



技術、戦術も大切だけど、何よりもやろうとする気持ち、まずはやってみようとする気持ちが大切であるということを伝えてもらいました。 

そしてサッカーの駆け引きの楽しさも。

蹴ってばかりがサッカーではなく、優先順位を決めつけるのがサッカーでもなく。


自分で判断して、自分で決断する。
決断するとは、『決めて、断つこと』

そして自分で責任を持つこと。



あと、最後の試合まで、できる限り全員を試合に出す、ということ目標にやってくれました。

最終節の前の試合は“そんなことができて”良かったと思います。


育成年代で、選手のことを考えれば当然のこと。


結果、優勝しました。


まだまだ足らないところはありますが、1年生なりに頑張った結果だと思います。



5期生たちにとって、落ちる悔しさ、優勝する嬉しさの両方を体験したことは財産に、経験になります。



でも、喜ぶのも本日限り!



明日の練習から切り替えて頑張ってもらいます。



これで2016年度、

新3年生はアドバンスリーグ2部
新1年生はフューチャーリーグ3部

での活動となりました。


程よい感じですが、もっと上を目指して頑張ってもらいたいと思います。


もちろん、チームのコンセプトである
①最も 楽しく!
②最も 自由に!
③最も 規律正しく!


を守りつつ頑張って指導していきます。


FCマレッサ 梶田孝史








お子様の為に、学資保険などの保険の見直しをしませんか?