こんばんは。

今日は、体育科のある高校と練習試合。
公立高校でサッカーをしようとしている中3、そして新チームの中2の半分の相手をしてもらいました。


新チームは、マレッサっぽい、マレッサらしいサッカーでした。
押し付けるでもなく、やらせるでもなく、彼らなりに思考を巡らせた試合ができたように思います。

関西、全国は大切ですが、何よりも彼らが卒業し、高校へ行き、大学で、社会で役に立つことは何か、と。
何も無いところから如何に始めるか?
何も無いところから如何に考えるか?

乗っかるの簡単です。乗っからせるのも簡単です。
0は何倍しても0です。
0.1は何倍かすれば必ず増えます。

子どもたちには何かを始めて、自分たちで作り上げる楽しさ、しんどさを感じて欲しいと思っています。
勉強で良い高校へ行くより、良い大学へ行くことも大切ですが、それ以上に価値があると思っています。



また、、、、
晩にある方とお話をしていて、あることで共感して頂いた際に『シンパシーですね!』と。

ご存知ですか?
シンパシーと同義語でエンパシー。

どちらも【共感・共鳴】という意味。

何が違うのか?

日本語ではどちらも同じ意味でとらえますが、実はこうです。

◆シンパシー ➡ 心の底から共感しているさま。
◆エンパシー ➡ 表向きだけ同意しているが、実際はビミョ~。


日本語ではここは分かれていません。外国語独特です。


みなさん、どうでしょう?

こう考えると結構奥深いんですよね。




似た感じで、中学でチームを選ぶ際、高校進学でどこの高校を選ぶ際にもあります。

『〇〇FCに入りたい!』

そのチームに所属したい(to be)のか、そのチームでプレーしたい(to do)のか?


私が心がけていること。 

新チームになって一度は

「俺はレギュラーになれるかもしれない!

と感じてほしい。

ずーっと補欠とか、ずーっとBチームとかではなく・・・


指導者も一緒。

そのチームのコーチと言われたいのか(to be)、そのチームで指導したい(to do)のか?


本当にシンパシーを感じて、“そのチーム”に居るか、ということ。

少々哲学的な話になってしまいました。失礼しました。



FCマレッサ⚽ 梶田孝史