こんにちは。

コロナ自粛以外でブログを書いたのが、3月の中旬。
4か月のご無沙汰です。

また少しづつ書いていきます。
とか言いながら、またストップするかもです。




今日は《課題》について

指導者始めてもうすぐ30年。。。(^^;

課題は色々ありました。
今もあります。

最初は大学生のボランティアでコーチを始めて、サラリーマンになり、、、
サラリーマン時代もボランティアコーチをしていました。

しかし、迷いに迷って、会社を辞めて、《指導だけの世界》に入り、色々な課題にぶつかりました。
その時、誘って頂いた方には本当にお世話になりました。


サラリーマン時代の経験はかなり役立ちました。
なぜなら、日本の全労働者のうち、スポーツを仕事にする労働者(プロ選手は除く)は2%です。

そうなんです。
スポーツ界の常識は日本の社会では“非常識”なんです。

なので、スポーツ界を離れて普通のサラリーマン時代と、ボランティアコーチ時代が私のベースでもあります。


そんな中、色々と改善したり、教えてもらったり。。。


私が指導者になった頃、「スポーツを習うのにお金を払うなんて…」、という時代でした。


そんな中、既にプロ指導者の方もおられ、色々参考にしながら(見て盗みながら)、模索しながら、でも、最後は自分で決断しながら指導していました。


どんな時も課題はあります。

その課題を解決して、次に進みます。



そんな中、自分には一つのポリシーがありました。

人がやってこなかったことをやってみよう。

人が作ったものに乗っかるだけの人生はやめよう。

自分で歴史を作ってみよう。




もちろん、無理してやってきたこともありますが、
最近は、この年齢になり少しづつ肩の力を抜きながらやっています。

人が作ったものを大きくしてもあまり意味がないのかな、とも思っています。
自分でやらないと。
なので、今のスタッフには「自分で何かやってみて」と伝え、やってくれているように思います。



なので、今、また新たな事を考えています。

根本はそれをすることによって、
《人に喜んでもらう》
という事が根底にあります。


しんどいこと、辛いことありますが、それが自分への課題であり、課題だと感じることが必然なんだと思います。

それを乗り越え強くなれるのかな、と思います。



この5年ほどは様々な課題がありました。
今も結構あります。(笑)

でも、素晴らしいスタッフに囲まれ、しんどいながらも最近は良い意味で頑張れています。


スタッフたちも、こちらからの課題をかなり前向きに解決してくれています。


少しづつそんな仲間が増えたら…


小学生・中学生にも色々な課題があります。
しんどいこともあるけど、
その子にとっては必然なんです。

乗り越えたら、絶対に強くなれる。



これは大人も子供も同じですね。


頑張っていきましょう。


FCマレッサ
梶田孝史