こんばんは。

新型コロナで学校が休校になり、あらゆる学校行事が条件付き開催、延期、中止となりました。
特に卒業式も通常通りできない卒業生も多くいたようです。

マレッサでも通常通りの行事が中止、延期となりました。

様々な問題が起きています。

このような状態を “今までに” 経験している人は世界でも中々いないと思います
災害、戦争…ついつい「自分には関係ない」と思いがちです。
実は苦しんでいる人は多くいます。
今回は世界でも感染危機なので、この時期を通ることで色々な意味で人類は強くなれるのだと思います。


マレッサではとても有難いことに市民Gなどで緩やかに活動を再開できています。

ただ、学校の運動場を利用している為に、いくつかの学校の先生方に聞きました。

「普段学校で活動しているチームが、学校ではないけど、外で活動することに対してはどうですか?」

『止める権利はないけれど、できたら卒業式まで活動は控えてもらえたら…感染者が出ると卒業式が吹っ飛びます。』


この言葉を聞いた時、ハッとしました。
自分(達)のことばかり考えていたかもしれません。
マレッサのことばかり…
そんなつもりはなかったのですが。。。

6年生、中学3年生は一生で1回の卒業式、万が一、6年生、中学3年生、そしてその兄弟を持つ方に感染者が出たら、今の情勢では中止にせざるを得ない。。。

周りを見渡して動かないと、と改めて感じました。

ですので、小学生も中学生も卒業式を目途に活動を緩やかに再開しました。


中学校の卒業式後の

先日の最初の中学生の練習で伝えました。

今はレギュラーと補欠とか、1stチームとか2ndチームとか、トレセンとか…
正直ど~~~~~っでも良いことで…

今は「サッカーって楽しいな~」「仲間と話せたら楽しいな~」という事を改めて思いなおす良い時期だと思います。

今までの日常がどれだけ幸せか、改めて感謝して毎日を過ごしていきたいですね。
 

※実はそんな事をしっかり感じれる子ども達が高いレベルへ行き、そしてJリーガーになれたりします。感じれない選手は万が一Jリーガーになっても長続きしないと思います。



サッカーに限らず活動しているチームがいくつかあります。
恐らく、チームのスタッフの方々は【勇気】と【覚悟】を持って活動していると思います。


これからは、新型コロナウィルスを考えながら、色々な事を考えて進めていかなくてはなりません。
でも、この時期を経験することで、さらに俯瞰すること、感謝すること、覚悟することなどの精度が上がるはずです。


我々は強くなると思います。


今は【無力】ですが、必ずや克服できるので、細心の注意を払い頑張っていきましょう。


FCマレッサ 梶田孝史