◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【令和2年度 新1年生募集について】

FCマレッサでは令和2年度(10期生)の新1年生の募集をしています。 現在6年生の皆さんは、入る、入らないに関わらず、是非とも体験に来て下さい。

詳しくはこちら!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

新チームが始動して約1か月。

自分の現在地はどうなのか?

やみくも頑張る…ではなく。


今の自分に

・何ができる?
・何をした方が良い?
・初心はどうだったのか?
・何でサッカーしているのか?
・何をしたら、自分のプレーは良くなるか…


現在地を知る、ということは“俯瞰する”、ということ。


俯瞰できる人は『自分で考える事ができる人』


俯瞰できる人はいずれ道を拓くことができる。




大人になって、自分から何かできる人。
(そんな人になって欲しい。)


人の褌(ふんどし)で相撲を取る。
時にはこれも大切です。
色々な事が覚えられます。



誰かが創ったもののコンセプトに賛同し協力する。
※会社で働くって、こんな事だと思います。



ただ、何かゼロから始められる人になって欲しい。


本来は0に100を掛けても0なんです。
それを1にできるって凄いんです。
砂漠で水が出てくるまで掘り下げること。




いいな~、と思うなら、“現在地を見つめ”、そうなるための努力をすること。



乗っかる、と、乗っ取るを間違えないように。(笑)




『俯瞰している自分を、さらに俯瞰できる人は新たに自分で道を拓くことができる』そうです。
※亡くなった恩師が言っていました。


スポーツ(サッカー)でも一緒。

というか、スポーツは本来、そんな事を若い世代に伝える場。


それには兎に角、我慢



さぁ、誰が道を拓き始めるか…


1年も2年も、3年も、そしてOB達も期待です。
小学生はその為のベース作りです。




特定非営利活動法人Katta Maleza リレーションズ 梶田孝史
IMG_20191026_221528_262