~~~~~~~~~~~~~~~~~~
FCマレッサの提携グランド(人工芝)に照明が付きました。
是非ご利用ください。
選手だけではなく、OB、保護者の方々、お知り合い…ご利用希望者はスタッフまでご連絡ください。

※少しはサービスします(^o^)

ウルトラスタジアム舞洲

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんばんは。

恐怖の(笑)夏休みに入りました。

基本、朝から晩までグランドか事務仕事です…


でも、この時期だからこそ練習で関われたり、試合観戦できる年代があります。

普段はどうしてもトップチーム中心に動きます。




そんな中、先日は小学生の公式戦をゆっくり観戦。

5年生以下のリーグ戦に、5年生はいるものの、半数は3・4年生で挑戦。


結果はどうあれ、子どもたちの様子を観て勇気をもらいました。


必死に挑戦する者。
怖気づく者。
のんびりしていて、あまり考えていなさそうな者。


でも、どれも子どもの特権です。

小学生らしいな、と思いながら、微笑ましく観戦しました。





サッカーをしていて大切な事。
楽しむこと、です。



ただ、学年が上がるにつれ楽しみ方にも違いが出てきます。


それは、サッカーを通じて少しでも良い人間になって欲しい、という観点から違いが出てきます。


勝つために…だけを求めていると、おかしくなります。



今まで、中学や高校、大学で指導をしてきましたが、
人として成長することが豊かな人生になるのかな、と思います。



そのことは前回のブログに書きましたので、割愛します。





前置きが長くなりましたが、、、


今回のテーマの『比較』


大人は、そして指導者は直ぐに比較してしまいます。


あのチームより…あいつより…




でも、大切なことは「過去の自分」と比べてどうか?



28年指導していて最近気づくこと。



伸びていく選手は皆、過去の自分自身と競い、未来の自分自身に期待している、ということ。





そして、「開き直る」ことができる選手・人間であるといこと。



開き直るとは… 閉じていた心を開いて、

曲がっていた心を真っすぐに、 ピッと直すこと。




人間なので、くよくよすることもありますが、



こんな風に考える事も大切です。


さぁ、明日からも頑張りましょう。




特定非営利活動法人 KATTA MALEZA リレーションズ 梶田孝史

1563981915191
IMG_20190717_220725
MVIMG_20190720_111007
IMG_20190724_160248