平成最期の卒団生を送り出し、昨日より新2年・3年生の合宿です。

初日は簡単にツイッターにあげていますが、2日目はこちらにて…

岡山到着後、全体に今回の合宿のテーマを伝えました。

・全国予選、リーグ戦などに向けて自分のやれる事を自分なりに考えて。
※全て自分事として

・チームの事を一人一人がどこまで考えて行動するか
※頼まれごとは試され事


大きく分けてこの2点です。

ここへきて、『自分事』で考えてきた選手とそうでない選手には“それなりの差”が出ています。
それでも元々の“身体能力”でやれてしまっている選手もいたりしますが、そういった選手はどこかで必ず成長が止まります。

小学生、中学生までは何とかそれでもいけても、高校以上では厳しくなります。

先日、ある高校と試合をさせて頂いた際にそこの監督さんが言っておられました。

『結局、最後までしっかり“考えて”やり切った子は大学も良い所へ行くし、その後もしっかりやってます。途中で辞めた選手はやはり大学も、その先も中途半端になりがちです。』

どのカテゴリーでも一緒なんです。
なので、少しでも考えさせる事を癖づけるようにさせたい、と思って日々関わっています。

面倒な奴だな、と思われながらも…(^_^;)

今、気付けなくても高校で、大学で、社会人で気付いてくれたら、と思います。

完全に躓(つまず)いた時に、『こういう事か〜』と立ち帰れるポイントになれば、良いな…と。

中々難しいですが、そんなマレッサであれたら、と思っています。

ここまで、皆体調も良く元気です。

試合内容は未だ未だですが、少しずう上向いてる、かな。


FCマレッサ監督 梶田孝史
34B6B0D0-6D75-4864-916E-F577D57DABBA
04682BFF-C966-462C-A161-CBE67991648A
95D5E3F4-E43D-4524-A262-E7497E1CCA82