⚽2019年度 新1年生 体験練習について


現6年生の皆さんへ
新1年生の体験のお知らせです。

入会する、しないに関わらずまずはグランドへお越しください。

毎週月、金は練習参加可能です。(GKは木曜日に特別練習があります。)

水曜日、土曜日、日曜日、祝日へのご参加の場合はお問合せ下さい。

*体験練習などの詳細はこちら!


~~~~~~~~~~~

こんばんは。

サッカーの指導させていただいて今年で約27年目になりました。


40歳を過ぎた頃、スポーツマネジメントの第一人者と言われた故 広瀬一郎先生に出会い本当に多くのことを学ばせていただきました。

プライベートでも色々お付き合いさせて頂きました。


2002年サッカー日韓ワールドカップ招致をされた方ですが、サッカーではなく、多くは、『考えるとは』どういうことなのかとか、『物事の考え方』の話でした。



人は『俯瞰している自分をより高い位置から俯瞰できること。俯瞰の俯瞰ができることが大切だ!』、と。


『頑張ります!』と言うと、



『それを身につけれるのは15歳以下の柔らかい脳じゃないと中々難しいから、40過ぎの君の脳では無理だよ』、と。。。(苦笑)


でも、知識としては頭に入ったんだから、子供達にそれを還元しなさい、と。



俯瞰するということを如何にサッカーというフィルターを通じて伝えていくか。


それができると、サッカーも選手としては結果が出てくるよ、とも言われました。



確かに、常に俯瞰できていれば、サッカーに限らず様々な場面で役立ちます。




そんな事を意識し始めた頃と、FCマレッサを創った頃がリンクしています。


また、その前に若宮レックスというチームも立ち上げましたから、そこでも、何とか伝えようと、あの手この手で子ども達に接していました。



小学4年生位の年齢からはそんな話を良くした記憶があります。




そんな事を意識して約8年。


大学サッカー部の指導や大学、専門学校の授業しておりますが、小学生や中学生の頃の指導が本当に大切なんだなと実感させられます。



何もできない大学生、逆にいろいろなことに気を遣って動ける大学生、専門学校生。

様々です。



サッカー(スポーツ)が上手い、下手ではなく、俯瞰できることで、人間性、人間力にも結びつくような気がします。



サッカーしか教えないと、とんでもないことになるなとも実感させられます。



裏を返せば、サッカーに関しては高校から名門に行けば充分に通用します。



中学校の間でしなくてはならないこと、それはサッカー以外のことがとても重要になってきます。



これは、指導年数だけではなく、様々な方に出会い、良いことも辛いことも、色々な事を経験させてもらったからこそ感じれることだと思います。



出会った方々全てに感謝です。


そんなことをサッカーのことも伝えながらいかに伝えていくか、これに尽きます。



もちろん、マレッサはサッカーチームなので、サッカーもしっかり伝えています。



じゃあ、サッカー以外とは? たとえば、、、 マレッサでは行き帰りの買い食いは自由にしています。



ただ伝えているのは、


〝何を飲み、何を食べるかは全て自分の判断。早く帰宅したほうが良いのか、どうか?どうした方が選手として良いのか?全ての判断は全て自分に返ってくる。そこで良い判断ができる選手は試合でも良い判断をするようたなる。〟


〝お店に数名で入り、他のお客さんの迷惑になるような行動をとらないように気遣いをしているか〟



ということです。


サッカーに関してだけ、を言えば教えこめばそれなりにできます。



果たしてそこに判断はあるのか?
二者択一のような質問で選手に問いかけることが判断になるのか?


なので、敢えて買い食い禁止にはしていません。

だって、時には買ってでも食べた方が良い時はあるはずですから。


結果、これが俯瞰に繋がります。




たまに帰りにコンビニから出てきた選手に出くわします。


ヤバッ、という顔をします。



おそらく彼は『練習帰りに買い食いする事があまり良くないこと』と思っているのか?


もしくは、お菓子とカルピスでも買っていたか?(笑)



コーチに見つからなかったらええんちゃうか…という感覚です。



でもね、《お天道様は見てます。》(笑)


彼が何を買って、何を飲んで、何時に寝て、勉強しているか…など。

昔の人は〝俯瞰〟をこんな言葉で例えてたんですね。



全て彼に還ります。




昔の人はよく言ったもんです。


俯瞰できる選手、できない選手は高校以上で大きな差が出ます。


中学卒業時で気付かなかった選手も、高校、大学、社会人で気づいてくれたら、と思ってます。



でも、中学でしつこく言ってなければ気づくことは無いと思います。



そんな拘りを持ちつつ、サッカーの勉強も頑張っております。(^ ^)





FCマレッサ監督 梶田 孝史 (NPO法人 KATTA MALEZA リレーションズ代表理事)
79961015-A578-4AB8-97CC-B74E5CE68A33
C27226E6-7F37-4172-B11D-BF1E28AAD5C0
45DC6561-834C-4C16-B0F5-079B3DFF7833