■■■お知らせ■■■
FCマレッサJr(U-12)スタート!
◇5月8日(火)からスタート!
・東大阪市立 岩田西小学校

・17:30~19:00(予定)
・火曜日以外も検討中です。体験時にお知らせします。
・5月・6月は無料体験です。
・勝ち負けも大切ですが、そこにアクセクすることなく、何よりも《楽しむこと!》を一番に進めていきます。
詳細はこちら

~~~~~~~~~~~~~


こんばんは。
ゴールデンウィークも折り返しです。


4月から日本クラブユース選手権の大阪予選が行われていました。

1回戦、2回戦は勝利しましたが、3回戦で強豪と闘い、惜しくもPK負け。



翌週に敗者戦に回りましたが、ここでも中々点が入らず0-1の敗戦となり、子ども達の目標は達成できずに終焉となりました。

内容はどうあれ、強いチームが勝ちます。勝ったチームが強いんです。
でも、この年代なので、試合も試合までの準備期間も、内容には拘りたいですね。



昨年、新チームになり皆で目標を立てました。そこで立てられた目標がいくつかありましたが、そのうちの1つは未達成に終わってしまいました。



大人が無理矢理立てる目標ではなく彼らなりに立てる目標なので、毎年いろいろな目標が出てきます。



私たちから見ると、「その目標…大丈夫かな?」、というような目標の時もあります。


高いところを目指せよ、と思ったりもしますが、大人が無理矢理方向付けをしてしまう事はせず今までやってきたつもりです。



そんな中、今年も彼らなりに一生懸命話し合って立てた目標に対して、先週の敗戦により少し向き合えるようになったのではないかなと、思っています。


負けは残念ですが、良い薬になって欲しいな、と。




そして今日、リーグ戦が再開しました。

メンバーも先発も多少入れ替え、選手たちに刺激を与えつつ、試合を行いました。


結果は勝利で公式戦のリスタートが切れました。


選手たちは嫌な雰囲気を少し払拭できたのではないかな、と思っています。



全て払拭できるのは、自分達で立てた目標を達成できたときでしょうか?




私自身、大阪へ来て指導始めた頃からたまにやっていたのですが、マレッサは、1期生からずっと継続していることがあります。
自分たちでメンバーを決めたり、交代したりしています。

もちろんそこは各自が俯瞰し、お互いに切磋琢磨するからこそ徐々に練習でもお互いへの要求が研ぎ澄まされていきます。

そして、迷った時は私やコーチたちのアドバイスを聞いたり、ときには私が決定することもあります。

自分で考えて、判断して、決断する。
【言うは易し行うは難し】です。
我慢が必要です。




これは公式戦でも同様に行っています。もちろん、1年生からではなく、徐々にやるので、中学3年生の夏前後になって、ようやく精度があがります。

ここから、夏に向けて彼らの考える力、判断する力、決断する力が向上していくことを期待しています。

練習だけでなく、普段の生活にも一生懸命に向き合っている選手は、ここでの力が高校で必ず生きます。


上手くても、ポテンシャルが高くても、判断や決断のできない指示待ちの選手は高校ではサッカーもサッカー以外でも厳しいと思います。

人間、ミスはあります。
しかし、そこからの【リスタート】が大切です。
いかに切り替えて、より一生懸命できるか。


1年生には昨晩のミーティングで『スポーツマンとは?』という話をしました。
内容は割愛します。(笑) 


3年生だけでなく、1年生も2年生も色々な意味で【リスタート】です。


ここから夏が一気に近付きます。
サッカーも勉強も一生懸命、楽しく、そしてスポーツマンとして頑張ってもらいます。


FCマレッサ監督 梶田孝史




E5A77879-1A1F-4999-B69F-8D86FDBA4D93
F8679ABA-1D5F-430E-B146-EBC933BC9203
4211013E-B754-4388-8171-4C76378CB074