■■■お知らせ■■■
FCマレッサJr(U-12)スタート!
◇5月8日(火)からスタート!
・東大阪市立 岩田西小学校

・17:30~19:00(予定)
・火曜日以外も検討中です。体験時にお知らせします。
・5月・6月は無料体験です。
・勝ち負けも大切ですが、そこにアクセクすることなく、何よりも《楽しむこと!》を一番に進めていきます。
詳細はこちら

~~~~~~~~~~~~~


こんばんは。

4月も半ばを過ぎ、ようやく少し落ち着き始めた頃です。

マレッサでも新1年生は少しずつ雰囲気に慣れ、また、少しずつお客様気分も抜け、サッカーを楽しんでいるように思います。



5年ほど前、スポーツマネジメントスクールに約10ヶ月間、通っている時期がありました。

サッカー協会でも似たようなスクールはありましたが、どうしてもサッカーに特化してしまう、サッカー関係者が多い、という理由で全く関係のないものを探していました。


結果、広瀬一郎氏主宰のスポーツマネジメントスクールへ通いました。



難しい話や専門用語も多く、言葉だけ知って、最初はなんか分かった気になっていましたが(かっこ悪い💦)、最後のスクールの後の打ち上げの際に、『梶田、お前はスポーツマンシップって何だと思う?』と聞かれ、『正々堂々と、、、、、、、』結局、きちんと答えられませんでした。


馴染みは深いのに不明確な言葉なんです。





しっかり答えられない自分に、『そんな奴が指導してるから、日本のスポーツは…』と言われ、返す言葉も無かったことを思い出しました。


その時、広瀬先生に言われた事を思い出しました。
『知った風に言っても、結局、目は口ほどに物を言うからね』


それから、広瀬先生が大阪に来られる際や私が東京へ行ったりして、色々と勉強させてもらいました。



実際に勉強してみると、私が1996年に岩田FCを立ち上げた時にこだわった事が間違っていなかった、という確認ができ、ちょうどFCマレッサの1期生が中学3年生でしたので、良いタイミングで再確認できたことを覚えています。



しっかりと言葉で伝えられるようになれた事で色々な事が明確になってきました。



スポーツマンシップがマネジメントにも大きく関わっている事が分かり、最後の打ち上げで広瀬先生は、敢えて聞いてくれたのだと感じ、今では感謝です。



ちなみに、マネジメントの本質でお金の話は全くありません。
ここでは詳細は割愛します。企業秘密です。(笑)




そんな広瀬先生が亡くなり来月の5月2日で1年になります。



その、ほんの1ヶ月前には大阪に来られており、晩にお食事をご一緒させてもらっていました。
もっと色んな話を聞いてみたかった方です。

5月か6月には墓参りへ行かなくては。



さて、1年生については先程記載しましたが、2、3年生について少し。


気合位の入っている者、全く緊張感のない者、周りの雰囲気に良い意味でも悪い意味でも流されている者、など様々です。


楽しくはやっているけど、『楽しく』のレベルの上がっている者、そうでない者。

これは怒っても、叱っても簡単には変わりません。
無理矢理やらせたり、ルールをたくさん作ると、その場はやりますが、長い目でみると得るものは、とても少ないです。

というか、何も得るものはありません。



自分たちで動いて欲しい、思春期で色々あるとは思うけど、人のせいにせず、自分に負けずに頑張って欲しい。

我々は待つだけです。

全て〝自分〟に返ってきます。



彼らを見ていると、やはり毎年思いますが『目は口ほどにものをいいます。』

私自身、まだまだ指導者としては、半人前ですが、これは間違いないと思います。



先程のスポーツマンシップを2年半かけて伝えていきます。

それを理解するとプレーもプレー以外も変わります。
卒業までに分かる選手と、分からない選手がいる事も事実です。



でも、高校へ入ってから、大学生になってから、もっと大人になってからでも、いつか、『あ〜、梶田の言うてた事はこれか』、となってくれたら、なんて思います。

点と点が繋がって。。。いつか線になります。
ジョブズのスピーチではないけど、ただひたむきに好きなサッカーをする。



そうすると、何か拓けてくる事があるような気がしてます。


レギュラーなんかじゃなくても拓けてきます。


ただひたむきに。



FCマレッサ監督 梶田孝史


5C613767-1216-40C9-8D5A-0D1600620E61
4D16E6A2-ECF5-4B02-85BB-38DFE412F6E8
ADD8F861-AE54-43AF-8329-9F868F42A591
1D412FDA-0029-400A-8869-857824394C23