FCマレッサ新1年生 入会説明会

 

◎入会する、しない、に関しては聞いてから決めて下さい。

◎どんなチーム?、どんなスタッフがいるの?、などを見に来て下さい。

※体験練習に関してはこちら


■会場 ⇒ 東大阪市総合・東体育館 中会議室
東大阪市 鷹殿町 1−2
※コインPあります。
 

■日程 ⇒ 2月18日(日)

  

■時間 ⇒ 19:00~20:15(18:40受付開始)

 

■内容 ⇒ 指導方針・年間予定・スタッフ紹介・質疑応答・入会手続き 

 

■その他⇒ お車は駐車場にお停め下さい。(有料)
         説明会当日、都合の悪い方はご連絡ください。別で説明させて頂きます。
      
是非、お子様もご一緒にお越しください。
   FCマレッサのこれまでの映像も流します。 

 

■お問い合わせ
 梶田孝史 090-2380-6226
 t.kajita1970@gmail.com  

以上です。     

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

考える、ということ。

 

今の時代、色々な教育の場面でも【考える】ということがテーマになっています。

これはスポーツの世界でも同様です。

何かにつけて、『考えさせるには?』ということがテーマになっています。

 

監督・コーチが選手に向かって、「おーい、今のパスも悪くないけど、他に何かなかった?」と言ったとします。

選手はどうとらえるか?

酷いのは、、、「おい!考えてやれよ!」

 

これでは完全に前のプレーを否定されています。

 

【考えろ!】

 

こういわれた時点で、考えることは出来なくなっています。

考えろ、と言われたから考える。。。この時点で×です。

 

私も選手に言います。

「考えろよ。でもな、今、考えろ、と言われた時点で君たちは考えなくなってるんよ。」

「考えろ!」と言った日のトレーニングや試合に関してはさほど効果はありません。

 

なので、いかに考えさせるように意識を持っていくか。

 

やりたいけど、やらない。

教えたいけど、教えない。

言いたいけど、言わない。

 

これが指導の一番大切なことだと考えています。

 

兎に角、我慢です。

 

転ばぬ先の杖にならぬように、いかに自然に持っていくか。

 

25年の経験と素晴らしいスタッフのお陰で出来ていると思います。

 

新しい学年にも、少しづつ浸透させていきます。

 

目先の結果も欲しいけど、まずは子ども達が「考える」ということに気付くこと。

これが一番です。

 

そのためにマレッサでは40代~50代のスタッフが5名ほどいて、そこにマレッサで育った若手スタッフが数名おり、各学年を指導させてもらっています。

 

こだわりを持って、結果を求めていきます。

 

 

FCマレッサ監督 梶田孝史