FCマレッサ新1年生体験練習について 

現6年生の皆さんへ

新1年生の体験のお知らせです。

入会する、しないに関わらずまずはグランドへお越しください。

毎週月、水、金は練習参加可能です。(GKは木曜日に特別練習があります。)
土日はお問合せ下さい。

*詳細はこちら


~~~~~~~~~~~

こんばんは。

サッカーに直接関係のない話ですが、大切な事だと思っています。

私はこんな事を考えながら指導しています。

 

それは、《成果》。

成果とは何か?

 

調べると、『あることをして得られた良い結果』とあります。何が良い結果なのか?

 

数字だけ見れば、結果は分かります。

でも、数字だけでは分からない結果が何事にもあります。

 

分かっちゃいるけど、いざとなるとそこ(結果の数字)だけを見てしまう。
ついつい俯瞰できなくなってしまう。

その“結果の数字”は成果ではありません。ただの結果です。

 

中々難しい問題です。

 

勘違いして頂きたくないのは、結果の数字も勿論、大切です。

その結果の数字と同じように、同等に大切なものがある、ということです。

 

特に育成年代では過程が大切であり、“体感した人にしか分からない結果”があります。

 

育成年代においては、スポーツに限らず文化クラブにおいても“その結果”が《成果》です。

 

色々なチームや団体がありますが、そこの成果は卒業生にしか分かりません。

保護者の方々もきっと少し分かります。少しです。()

 

私も“親”ですから、ついついわが子、も分かります。(^^;)

 

否定もしません。仕方ないです。そんなに出来た人間はいません。

だから“少し”なんです。



 

ただ、人間は何事も俯瞰できる方が良いです。難しいですけどね。

私も俯瞰できていない自分に気付くと凹みます。

 

あと、人は良く話してみないと分からないことが沢山あります。

皆、辛いことを抱えながら頑張っています。

悩みながら頑張っています。

 

外から見ているだけでは分からないのです。

 

やはり、、、

何か疑問があれば直接、聞くことです。()

直接聞く方が絶対スッキリします。

又聞き、人の噂ほどいい加減なものはありません。

 

 

話はそれましたが、何事もドラッカーが言うように【成果の定義づけ】をしなくてはならないと思います。

 

念のためですが、指導者の【成果の定義づけ】と選手たちの目標や夢は、別物です。

そこを混同すると、子ども達は自由を失います。

 

その【成果の定義づけ】が非常に大切です。



 

*スポーツの本質を伝える(いつか気付く土台を作る)

*仲間の大切さを伝える

*感謝の気持ちを持つ

*〇〇〇〇〇〇力をつける

 

これがマレッサの指導の定義づけです。


 

中々上手くはいきませんが、毎年、最後の最後に選手たちは体感してくれています。

最後までやった選手は必ず財産になっていると思います。

 

『ジョブズのスピーチ』ではありませんが、いつか点と点が繋がります。

 

 

少しでもマレッサの成果を目指しながら、サッカーでも上を目指していきたいと考えています。
ご協力お願いします。

 

 

FCマレッサ監督 梶田孝史