2018年07月

こんばんは。


山口遠征、何とか台風の影響受けることもなく無事終了することができました。



この合宿で、この学年をしっかり見ることで、色々と見えてきました。


サッカーというスポーツは、常に判断を求められるスポーツです。


ある程度、教えればいろいろな判断ができるようになります。

しかし、本当に自分で考えそして判断し、そして決断をする。

これはサッカーの練習以外でこそ養われることであると考えています。




指示をしないとなかなか動くことができない選手が多い中で、ほんの数名は自分から動こうとしていました。

叱られても良いから自分から考えて欲しい。




結局、最後は《自分次第》です。



少しでもそんな事が伝えたかった合宿でした。




B3D97E54-941A-40D1-9D6A-97761E3A60E0
3CBCF801-784A-49F6-9A7E-21431B63E803
865FD8F1-BDD6-4DEE-8C98-4C360DAD2E7D


◆本日の結果
マレッサ 0-3 高川学園中学
マレッサ 0-1 高川学園中学
マレッサ 1-2 高川学園中学
マレッサ 1-0 高川学園中学

以上

こんばんは。

山口遠征2日目、本日も大きな怪我、病人、は居ませんでした。
若干、寝不足が原因の熱中症?、の選手も居ましたが、水風呂にも入り、今は元気です。

本日の人工芝グランドは宿舎の敷地内にあるため、移動も無く、非常に良い環境でした。

本日のオフ・ザ・ピッチ。。。
部屋の中の状態、挨拶、靴やカバンの状態、、、まだまだでした。(^_^;)

試合は午前で終わり、午後は〝サッカー〟のミーティング。
内容は秘密。。。

そして晩に、友人でレノファ山口のトップチームの井田コーチが訪問され、子供たちに色々と話をしてくれました。

何か感じてくれたら、と思います。


明日が最終日、今日のパフォーマンスを振り返って、明日に繋げてくれることを期待したいと思います。

より良い決断をして、少しでも〝スイッチ〟が入ってくれる事も期待して、、、



▶︎本日の結果

全て30分1本のスコアです。

①マレッサ 0-6 高川学園中学
②マレッサ 0-2 高川学園中学
③マレッサ 1-2 高川学園中学
④マレッサ 0-4 高川学園中学
⑤マレッサ 0-2 高川学園中学

以上です。


9BB7BE64-A362-430B-A243-B2921E9A2821

こんばんは。


山口遠征初日、先ずは大きな怪我、病人、そして何よりも熱中症もなく試合は終了。


その後、宿舎へ移動し、初日はバーベキューでした。


今合宿のテーマは、『オフ・ザ・ピッチこそサッカーに繋がる』という事で準備、片付け、その他、人の嫌がる事をどれだけ進んでするか。。。



という事で、オフ・ザ・ピッチの選手をじーっと見ていました。





こんな時に性格が出てしまいます。
ついついしんどいことから逃げがちな選手、頑張る選手。


嫌な顔一つせずにする選手、逃げている事を指摘されて直ぐに顔に出てしまう選手。



何より、私もそんな選手だったんです。
人間なんてそんなもんなんです。


でも、どこかで〝スイッチ〟が入ると嫌な事や面倒な事、しんどそうな事もやれちゃいます。


仲間のため、チームの為に。。。



あと、3ヶ月でこの学年で新チームが始まりますが、良いスタートが切れそうな次年度の中心選手たちの合宿初日でした。





▶︎本日の結果

全て30分1本のスコアです。

①マレッサ 0-0 レノファ山口
②マレッサ 1-0 パテオ
③マレッサ 0-4 パテオ
④マレッサ 0-1 サガン鳥栖
⑤マレッサ 3-0 レノファ山口

以上です。


E74A7624-FFF9-4C65-BB11-782A28C7B454
31768263-4AC5-4360-926C-C376502FC91C
7D9E1FF3-7C2C-4996-9A27-BC5775D3C0ED

こんばんは。


先週末の大雨後の災害に遭われた方々のニュースを見ていると、何が大切なのか?、と考えさせられます。


被害に遭われた方、そのご家族の皆様が
皆様が一日でも早く平穏な生活に戻れるよう、お祈りしております。



生きてるだけで儲けものです。




さて、今日は《モラル》


モラルを調べると、【倫理観や道徳意識のこと】とあります。


倫理観?道徳意識?


きちんと説明できますか?



中々難しいです。

これを中学生に説明するとなると、中々。


で、どう説明するか?



私は3年ほど前から


【やりたいけど、やらないこと。】がモラル。


・ゲームやりたいけど、明日の試合のために早く寝ないとあかんから、やらない

・仲間が困っているから、放っておくのではなく、助ける


・遊びに行きたいけど、勉強せなあかんから行かない


・しんどいからサッカー休みたいけど、チームのため、自分のために休まない




大人は、

【ここでは儲かるけど、儲けない】ってのがモラル。  



ビジネスの世界だと、儲かりゃなんでも、と仰る方はいますが、そうではない。


儲けてはいけない場所があります。


儲けてはいけないやり方があります。


犯罪ではなくても、儲けてはいけない方法があります。




人の褌(ふんどし:人が作り上げたもの)で相撲を取ってはいけません。




それは、大人も子どもも同じ。



大人も子どもも、最後は、〝人として〟なんです。




スポーツはそれがスポーツマンシップに繋がります。


スポーツマンシップやモラルには、覚悟が要ります。


しんどい事があっても、楽しく、一生懸命にやり切る覚悟が、、、


さぁ、マレッサの現役選手、OBはどうでしょうか?

 



FCマレッサ(U12/15 代表 梶田孝史

こんばんは。

ちょこちょこと更新をしていたのですが、ここ約1ヵ月全く更新していませんでした。

この時期は夏休みのことや、マレッサJrの事や、進路の事などなど、やることが結構あり、バタバタしてます。


さて、、、


今日は。。。 人それぞれタイプがあります。

リーダーシップを取れる人、周りをサポートする人。

自分で何か開拓する人、開拓する人をサポートする人。

知恵を絞る人、そういう人をサポートする人。

ネガティブな感じですが、すぐに文句を言う人、愚痴を言う人。

ネガティブな人は言い出したらキリがないですね。
そういう人にはいつか全て返ってきます。

人生チャラですから。




私はサッカーと言う、とってもとってもちっぽけな世界で約四半世紀の間、仕事をさせてもらってきました。

この10年はサッカーに限らず、ほんの少しだけ広いスポーツ、という枠組みの中でやれる事をやってきました。


自分の専門であるスポーツマンシップの講習や講義も学校や企業で色々させてもらったり、小学校や中学校へ出前授業へ行かせてもらったりしました。



そして、メインのサッカーでは、小学生、中学生を指導させてもらっています。



子ども達にはそれぞれに良さがあります。

その良さを如何に引き出すお手伝いができるか。


小学生にはまずは楽しさを。
公式戦だけで齷齪(あくせく)して欲しくない。


中学生にも楽しさを。
でも、サッカーは複雑な中で規律により整理されるスポーツですから、規律の中に自由がある事を学んで欲しい。




あと、《頼まれごとは試されごと》ってことも理解してほしいですね。


頼まれた事をしっかりやろうとしてたら、考える力が付き、そして信頼が生まれます。


大人になるとそこから、仕事に繋がります。


大学生や専門学校生の授業でも彼らに関わっているので、より一層そんな事を感じます。

言い訳ばかりをする18歳以上にはなって欲しくない、なんて思います。



でも、どの年代にも、そんな面倒な、細かい事ばかり言ってるので私は嫌われますが、そんな1つ1つの点が、いつか線で繋がると何かに気付いてくれるかな?、なんて思って小学生も中学生も、専門学校生も、大学生にも、そしてスタッフにも(笑)、接してます。




スティーブ・ジョブズ(アップル創業者、故人)は言いました。



『先を見通して点をつなぐことはできない。
振り返ってつなぐことしかできない。
だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。
何かを信じなければならない。
直感、運命、人生、カルマ、その他 何でも。
この手法が私を裏切ったことは一度もなく、私の人生に大きな違いをもたらした。』
と。



中々深い言葉です。





FCマレッサU12/15、ペレーダFC 代表 梶田孝史

↑このページのトップヘ