2016/12


新1年生の体験に関してはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雑感【選び方・決め方②】

こんばんは。

大阪では公立高校の受験校が今年から1校になり、志望校を下げて受験するように中学校でアドバイスをもらっている保護者の方々が多いようで、私などのような奴の所へ1日に2件程、中3の保護者の方々からお電話でご相談を頂きます。

彼らにとって、人生の分岐点です。お父さんもお母さんもきっとかなり心配しながらの毎日だと思います。
そんな彼らにサッカーでは離れましたが、少しでも役に立てるなら・・・と思い、お電話の対応をさせて頂いています。
出過ぎた対応にならないように… 



今日は【体育的サッカー】と【スポーツ的サッカー】の違いから。。。
 


スポーツ発祥の国はヨーロッパです。
スポーツの生まれた20世紀に入って『現代スポーツ』が始まりました。
その当時、ヨーロッパでは植民地経営が多く行われていました。

その植民地を運営・経営するのに経営者が必要です。
当時は電話、メールなどはもちろんありません。

なので、植民地の運営・経営を任せた人間の判断や決断でそこをまとめていけなくてはなりません。
そんな判断力・決断力を育てるためのソフトとしてスポーツが使われ始めました。

もちろん、スポーツの語源は『気晴らし、遊び』ですが、そこにプラスして、判断力・決断力を養う、というミッションが追加されました。

翻って、日本では?

当時の日本は戦争などもあり、兵士を育成することが急務でした。
なので、兵士=右向け右、左向け左、前得習え!というイエスマンを育てる事でした。
日本には知育・徳育・体育という3つの育があるのに、スポーツを体育としてしまいました。

本来であれば、知育・徳育・体育が判断し決断するスポーツなのです。

日本と欧米でのスポーツは全く真逆なのです。

で。。。。

何が言いたいかというと、できるだけ子どもに考えさせ、彼らなりの答えを見つけていくか?

もちろん、サッカーも教えていきますが、そんなスポーツ的サッカー指導を3年かけて行うのがマレッサです。

『体育的サッカー』ではなく、『スポーツ的サッカー』を目指していきます。




※こんな事を書いて頂いています。→こちら
 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


新1年生の体験に関してはこちら 

◎入会する、しない、に関しては聞いてから決めて下さい。

◎どんなチーム?、どんなスタッフがいるの?、などを見に来て下さい。


※体験練習に関してはこちら!


■会場 ⇒ 東大阪市総合・東体育館 中会議室
東大阪市 鷹殿町 1−2
※コインPあります。
 

■日程 ⇒ 2月19日(日)

  

■時間 ⇒ 19:00~20:00(18:40受付開始)

 

■内容 ⇒ 指導方針・年間予定・スタッフ紹介・質疑応答・入会手続き 

 

■その他⇒ お車は駐車場にお停め下さい。(有料)
         説明会当日、都合の悪い方はご連絡ください。別で説明させて頂きます。
      
是非、お子様もご一緒にお越しください。
   
FCマレッサのこれまでの映像も流します。 

 

■お問い合わせ
 梶田孝史 090-2380-6226
 t.kajita1970@gmail.com  

以上です。     

↑このページのトップヘ