2016年12月

みなさま


本年も残り僅かとなりました。

今年1年、FCマレッサに関わって頂いた全て皆様、ありがとうございました。
 


まだまだ発展途上のチームですが、来年は更に前に進めるように頑張っていきたいと思います。



グランドも比較的確保できますので、他チームの皆様は練習試合での交流を宜しくお願い致します。



寒暖差が激しい毎日が続いておりますが、お身体をご自愛下さいませ。


良いお年をお迎え下さい。
 


FCマレッサ監督  梶田孝史


こんばんは。

最近、何件か質問頂いておりましたので、お知らせしておきます。

兵庫県芦屋市で『夢工房』の不正流用の事件かありましたが、弊団体の『武庫川ゆめ工房』とは一切関係はありません。

ご安心下さい。

弊団体は税理士法人に依頼をして、厳正なる手順を踏んで、適正に行っております。

事件の詳細はこちら
http://query700.hatenablog.com/entry/161104_yumeKobo


・特定非営利活動法人 武庫川ゆめ工房 副理事長
・FCマレッサ監督

梶田孝史



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新1年生の入会説明会はこちらです
入会する、しないに関わらず是非とも聞きに来てください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんばんは。 

更新が遅くなりました。

年末の遠征も今日で終了。
試合に関しては2年生に付いてきましたが、1年生も4名ずつ合流させて試合での様子を見ていました。
1年生は4月からの9ヶ月間で本当に伸びました。
兎に角、練習を休まない。
こちらが困ってしまうくらい、、、(笑)
試合を見ても本当に良くなっていました。


1年生のリーグ戦はあと少し残っていますが、2月からはアドバンスリーグに2ndチームとして1学年上の公式戦の経験を考えています。


ここからの彼らに期待です。


最終日の2年生。
四国のJクラブとの試合でした。
勿論、身体能力や基本技術には差がありますが、1試合目は1-1。2試合目は0-6。

やはり差はありましたが、彼らなりに考えてプレーできるようになってきていると思います。

まだまだサッカーでも、それ以外でも足らない所はありますが、ここからに期待したいと思います。


2月からリーグ戦が始まるので、合宿明けの年末の試合でベースを作っていきたいと思います。

少しの目の色が変わってきた選手が増えてきました。

少しだけ、マレッサらしく、泥臭い選手が増えてきました。

楽しみです。

FCマレッサ監督 梶田孝史

IMG_4665
IMG_4664
IMG_4663


1年生の体験に関してはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

こんばんは。

遠征2日目。

1年生は地元の中学校のサッカー部との対戦。

対戦相手は上級生の2・3年生も居る中、胸を貸して頂きました。

負けはしましたが、かなり闘う姿勢も出てきました。

午後からは移動して2年生のいる人工芝へ。

1年対2年の紅白戦を行いましたが、結果は・・・

 
 

2年生は朝から人工芝のグラウンドへ地元の中学校のサッカー部との対戦でした。

疲労も溜まってきているようで、中々思うように体が動かないようでしたが、何とかやり切りました。

晩は[自分たちの目標への逆算ができているか?]を、考えさせるミーティングを2年生にしました。

 

自分のこと、自分たちのことが本当に俯瞰できているのか?

考えるとはどういう事なのか?

 

『考えろ~』と言われたら、それはもう考える、という事ではない。

単なる指示待ちなんだと。

 

そんな話をしました。

1年生にはまだ少々難しい…()

 

さぁ、残りあと1日。

 

若干の怪我人(保護者の方へは連絡済みです。)はいますが、病人はいません。

 

明日も良い環境、かなり良い相手と試合をさせて頂きます。 

 

良い顔で帰れるように細心の注意を払っていきます。

 

 

FCマレッサ監督 梶田孝史

 

IMG_4648
IMG_4640
IMG_4659


1年生の体験に関してはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

こんばんは。

早朝より大阪を出発し、最初に淡路SAでの休憩。
大阪のチーム、奈良のチームも遠征初日のようで、サービスエリア内はサッカーのチームが目立っていました。

さて、遠征の方ですが、本日は天候に恵まれのはずが、四国に入り徳島・香川・愛媛と進むうちに雲行きが怪しくなり・・・

2年生の愛媛での試合会場は雨・風が程よく強く、水溜まりもでき、程よいコンディションでした。()


試合前に選手達へは、『こういったコンディションの中でも公式戦はあり、どんな状況でも闘わなくてはならず、そこに対してどのように向かうのか?』という話をして送り出しました。
彼らの立てた目標を達成するにはどうしたら良いのか?
自分で、自分たちで考えての行動を期待しつつ
少しずつですが、何かが動いているような気もします。個人差はありますが

2年生の対戦相手は愛媛県1部の優勝や高円宮杯の愛媛大会でも優勝の強豪。

そんな相手に彼らは何を感じれたのでしょうか?

1年生の会場は小雨がぱらつく程度で試合は順調にこなしました。

試合相手は、U13の日本代表(エリートプログラムU13)も所属する 四国の強豪との試合でした。
最初はボールをもらうのも嫌がるような消極的な感じでしたが、徐々に慣れていき最後は必死に食らいついていました。

どちらの学年も四国の強豪と試合をさせてもらい、少しだけ成長できたように思いますが、何より経験してほしかったのは、朝4時半くらいに起きて、マイクロバスに4時間以上も揺られるような悪コンディションの中でも対等に、またそれ以上のメンタルで闘わなくてはならない事です。

春・夏・冬に1回ずつの遠征か合宿を行いますが、色々な思いで計画を立てます。

この冬はあえて悪コンディションの中で闘う、ことを伝えていきたいと思います。

あと2日、頑張ってもらいましょう。 

 

今日は怪我人、病人もなく皆、元気にやっています。

 

FCマレッサ監督 梶田孝史

image

↑このページのトップヘ