2016年11月


新1年生の体験に関してはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雑感【選び方・決め方①】

こんばんは。

この時期、色々と決めなくてはならない事が増えます。


で、子ども達は進路があります。



大人(親、指導者たち)はついつい予測がつくので、『転ばぬ先の杖』状態で、色々と世話をやいてしまいます。

私も中学生、小学生の子を持つ親でもあり、指導者を25年してきたので、どちらの気持ちも、よ~く分かります。



ただ、本質的なところが何なのか?

 

『うちの子、すぐに流されるから、厳しいとこの方が、、、』
 

とか、
 

『うちの子、のんびり屋さんだから、厳しいとこの方が、、、』
 

とか。



ここで言う“厳しい”とは何なのか?


人数が多いことが厳しいのか?
 

怖い指導者がいることが厳しいのか?
 

練習がハードなのが厳しいのか?



“厳しい”の本質が何なのか?


“サッカー”ももちろん大切です。

でも、本当に大切な事は、サッカーを通じて何を伝えるか?

それは、サッカーが上達することであったり、競技スポーツであるからには勝つことや目に見える結果を手に入れる喜びであったり、それも大切なことだとは思います。


しかし、本当に大切な事は、「サッカーを通じて何を伝えるか」だと考えています。


押さえつけられた厳しさは間違いなく途中で役に立たなくなります
 

自由の無いサッカーはその場は良くても、頭打ちになります。
 

ただ、楽しいだけのサッカーも考えることを忘れてしまいます。
 



そこで、子ども達はにサッカー(スポーツ)をさせる上で大人(親、保護者)が考えなくてはならない、これから大切なことは何か?


 


【体育的サッカー】と【スポーツ的サッカー】


ここから先はまた時間ができたらかきます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


新1年生の体験に関してはこちら 

 

IMG_2274

こんばんは。

FCマレッサでは無料体験練習会を開始しました。
現在 6年生で中学で、どこでサッカーをするか迷っている方は是非、お越しください。

まずは、体験に来て、練習を体感して下さい。

平日の練習、土日の試合も体験可能です。

まずはお電話かメールにてご連絡下さい。


>2017年度 新中学1年生 募集要項 

※2017年度からは花園ラグビー場がW杯の改修工事の為に、利用している全てのチームが人工芝を利用できないので、練習曜日の変更があります。
説明会、体験練習時にもご説明いたします。


>FCマレッサ公式ページ 

~~~~~~~~~~~~~~~~


◆月曜日 自主練習(花園人工芝)
18:15~20:00

◆火曜日 OFF

◆水曜日 大竹G or 花園人工芝
17:30~19:30
(※花園の場合は18:00~20:00)

◆木曜日 花園人工芝
18:00~20:00

◆金曜日 大阪経済法科大学G
17:30~19:30

◆土日は試合中心です。

~~~~~~~~~~~~~~

【連絡先】
監督 梶田孝史
090-2380-6226
t.kajita1970@gmail.com 
IMG_3784
IMG_4054
IMG_4174

こんばんは。

 

今日は1年生が公ふ式戦でした。

 

中々勝てず、苦しんでいる1年生でしたが、今日は2-0で快勝。

PKを外してしまう場面もありましたが、それでも勝ち切ったのは間違いなく彼らの力はついてきています。

これにおごらず、練習、練習試合に励んで欲しいですね。

今日の結果は忘れて、明日からまた前進です!

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

今日、私は朝からサッカーとは別の件で西宮へ。

そして、昼前に3年前からヘッドコーチとして関わらせて頂いている大阪経済法科大学のリーグ戦の最終節へ移動。

久々に大学生の試合のベンチに入らせてもらいました。

 

最終節=4年生最後の試合です。

この4年生が入学した際に休部していたサッカー部が再開しました。

0どころか、マイナスからのスタート。

0から始めるしんどさはやった人間にしか分かりません。

4年生である彼らはそれを大学生で経験できました。

 

ここの大学、3年ほど前から少しずつ関わらせて頂き、4年生の苦労も少しだけ見てきました。

本当に大変な環境の中、頑張ってきたと思います。

 

再開後の最初のリーグ戦は3部の最下位。

そうです、関西の大学サッカーの中で最下位です。ww

メンバーにはインターハイや、選手権に出た選手も居ます。それなのに・・・です。

 

でも、スポーツってチームや経歴でするものではありません。

人が色々な想いを持ってするものです。

 

今期は3部で3位。

本当によく頑張ったと思います。

 

今日の試合は拮抗した中から4年生が先制。その後、沈滞したムードから4年生が追加点。

留学生でほぼ初心者の4年生も最後の3分で初出場。(人生で初の公式戦)

 

キャプテンは累積警告で出場停止。

先制点を入れた4年生がゴール後にスタンドで観ているキャプテンのところへ・・・

彼のユニフォームの下はキャプテンの10番のユニフォーム。

キャプテン、ここから涙腺が緩みまくりです。()

ベンチからでしたが、それが伝わってきました。

 

そんなこんなで2-0で試合終了。その後、お決まりの円になってのセレモニー。

4年生は涙、涙。3年生も涙。2年生も。。。

1年生はボーっと。()

来年度の新入生も5名が観戦してくれていました。

 

4年生6名&マネージャー1名。

マネージャー、本当に良く頑張ってました。

気立ての良い、本当に良い子でした。

 

御年63歳の総監督から「嫁さんにするなら、こんな子やで・・・」と。

間違いなく御意。(^^)/

 

4年生、3年生、監督、不肖ながら私も一言。

最後に総監督からの言葉

「大学は教える、教えられる場ではない。君たちが高校までの教えを“磨く場”なんだ」と。

普段は文句ばかり言うている総監督でしたが()、ええ話聞きました。

 

この大学、地元の方々からは偏差値の低い、誰にでも入れる大学、言われています。

そして、やんちゃな奴が、アホな奴が多い、と言われています。

最近は本当にそうでも無いんですけどね。

でも、そんなことを言う奴の方が結構ショボい。。。()

 

3部の大学でも2部でも1部でも関係ないですね。

その人の気持ち一つでどうにでもなる。

 

今日、試合に出た、試合を見た彼らは必ずや何かを得たはずです。

でもそれは4年生は4年間、他の選手は在籍していたからこそ得られるのです。

やはり続けることは大切です。

 

今日は久々にマレッサではなく、“心揺れる試合”でした。

 

 

さぁ、明日はマレッサの2年生の公式戦。

頑張ってもらいましょう。

 

 

FCマレッサ監督 梶田孝史






 

成績アップの新常識!

IMG_4448
IMG_4445

こんばんは。


私が指導に行かせて頂いている、とある保育園ですが、手作り人工芝にしました。

15m×15mくらいの広さなので、作ってみました。
結構大変でしたが、園長先生をはじめ、色々な方々にお手伝い頂き完成しました。

やはり、緑色だと老若男女問わず、テンションが上がるようです。(^^)


特にこの年代には良いです。

ただ、ずーっとこういった環境だと、中々伝えにくい事も多いです。

転んだら痛い、だから、受け身を取る。
感謝の気持ち、など。

どんな環境も一長一短です。


自分で作ってみて、気づく事がたくさんありました。

やはり、何事も0から始めると色々気づきます。


人の作ったものを継ぐのも良いですが、やはり何か自分で始める事が大切だな、と思います。

こちらも人工芝はテンション上がります。


そして、一番下の写真のように明るいグランドでの練習もかなりテンション上がります。(笑)

しかし、このように人工芝や、明るい照明、のように素晴らしい環境ばかりで、それが当たり前になると感謝の気持ちを忘れてしまいます。

中々難しいものです。

その事を私たち 大人達が本当に分かっている事が大切です。





FCマレッサ監督     梶田孝史








IMG_4415
IMG_4413
IMG_4408
IMG_4381
IMG_4381
IMG_4379

こんばんは。

5期生の初勝利です。
この大会は、できる限り多くの選手が先発から試合に出場し、少しでもチームの一体感を出していこうと考えており、大会前に彼らに伝えました。

年が明けて、リーグが始まり、クラブユース選手権が始まると中々そうはいかなくなります。
マレッサの“やり方”は一貫して、《みんなで闘う》ということです。

『区別はするけど、差別はしない』

《みんなで闘う》、簡単なようで中々難しいことです。
言うは易く行うは難し、です。

みんなが同じ試合数、同じ時間数出場することではありません。

これは体験(体感)したものにしか分かりません。
また、身近で観ていた者(保護者の方々、スタッフ)しか分かりません。

なので、兎に角、待ちます。
どんな結果であれ、待ちます。
勝とうが負けようが、ドキドキしますが、待ちます。(笑) 
胃が痛くなりますが、待ちます。(笑)

1期生から4期生まで、速度はありますが、待った甲斐は必ずあります。

今年もまた忍耐の1年が始まりました。

尚、1年生もリーグ戦でした。
引き分けで勝ち点1を獲得。
中々、良い結果の出ない学年ですが、彼らの溜めているパワーは凄いものがあります。
そんな気がします。

それをどうやって引き出していくか。。。
これもまた楽しみです。

頑張っていきます。



FCマレッサ監督 梶田孝史

 
IMG_4405
IMG_4404
IMG_4402

↑このページのトップヘ