2016/07

こんばんは。

恩師から、こんなメールが・・・

【思考を実践に結び付ける能力とは???】



そんな質問を、とある高校で質問したそうです。
答えられないと思って質問したそうです。
1人の高校生がボソッと言いました。

【勇気】

その選手、マイナースポーツですが、インターハイに出るそうです。

メジャースポーツの選手ではなく、指導者も頑張らなくてはいけないですね。

上辺だけではダメです。人数を増やす、勝ち負け、戦術、指導者の資格。。。大切ですが、

東京オリンピックまでにこんな根本的なことを指導者が理解していくようにしていかないとダメですね。

頑張っていきましょう。



FCマレッサ 梶田孝史 

こんばんは。

夏休みの予定、遠征の詳細、サッカー協会のお仕事、病院のお仕事などなどやっていたら・・・こんな時間。
でも、明日は4月に入って何度目のOFFだろうか・・・

今日(昨日)は朝から貝塚市のいずみスポーツヴィレッジで日本サッカー協会公認キッズリーダー養成講習会のインストラクターとして指導者の方々へ講義をさせて頂きました。

10歳以下の子ども達へどんな指導をしましょうか?、なんてお話です。
サッカーも大事ですが・・・みたいなお話です。
サッカーが上手ければ、それで良いのではなく、『スポーツとは?』から『スポーツマンシップって?』から『サッカーが教育のソフト』なんです。
少し、自分の専門分野のお話もさせて頂きました。

時間が少なく、脱線した話が中々できず残念でしたが、久々に大人の方へのアウトプットは楽しかったです。

普段は中学生、専門学校生、大学生へのアウトプットなので、自分を振り返ることが少ないのですが、今日の講習は、普段は社会でお仕事をされている方々が相手でしたので、良い緊張感で取り組めました。

実技を担当された講師の方からも面白いトレーニングを紹介して頂き、そのお手伝いもさせて頂き、充実した午前中でした。


午後は貝塚から中1が公式戦を行う豊中市までブラブラとドライブしました。
下道で行きましたが、何度か警察が検問していました。

みなさん、気を付けましょう。

何とか捕まらずに豊中へ。

昨日が初戦で今日が中学1年生にとっての2戦目。

1年生担当の大先輩のアップ、試合前のミーティングを聞きながら、非常に勉強になりました。
やはり経験のある人は違いますね。

ただ結果だけを求めていない。
深さを感じました。

試合はかなり良いペースでしたが、後半にかなり遠目から蹴ったボールが高~く上がって、ゴールに吸い込まれました。
何度かシュートまでいくも中々点が入らず、0-1で敗戦となりました。

初戦、2戦目と出番のなかった選手には、ここからどうするか?
結果が出せなかった選手にもここからどうするか?

楽しみです。

【マレッサ=雑草】ですから・・・


終わって、そのまま地元へ戻り、2・3年生のトレーニング。
3年生の目つきが少しずつ変わってきていますが、中には中々変わらない選手も・・・
でも、そんな選手たちをあと3か月でどう変えるか?
指導しているフリをするのか、本当にぶつかるのか?

ぶつかりましょう。

でないと、彼らにとって中途半端な中学時代になりような気がします。
正直、そこでぶつかることで公式戦に勝てるようになるとは思えませんが、放ってはおけませんね~。

来週の3連休からほぼ夏休みです。

ここから約40日間、頑張りましょう。

皆様もお体ご自愛下さいませ。


FCマレッサ 梶田孝史



 

↑このページのトップヘ