こんばんは。
昨日はマレッサの4期生の卒団試合&卒団式。😭

そして、本日は今年度でジュニアユースを一旦ストップされるセレゾンFCさんの卒団試合のお相手をさせて頂きました。⚽️


昨日がケジメの日でしたが、3週間程まえにセレゾンの尾崎監督よりご連絡を頂き、卒団試合のお相手、喜んでさせて頂きます、と即答させて頂きました。

楽しそうにボールを蹴っているセレゾンの選手たちを見て嬉しくなりました。

その中には、6年生の時にマレッサの体験に来ていた選手もいて、、、(^^)



連日、良い日を送らせてもらいました。



卒団式は保護者の皆様の手作り感満載の素晴らしい式でした。


最後は全親子のツーショット写真で締めくくられていました。(笑)


本当に私自身も多くの事があった3年間でしたが、彼等、そしてその保護者の皆様がいたからこそ、乗り越えれた気がしてます。




さて、本題です。


こんな事、経験が長くなってくると何と無く感じるのかもしれません。




完全に失速しそう。

ここまで、それなりに良い選手で地域や府県の選抜(サッカーだとトレセン)とかにも選ばれ・・・
表向きは良い選手・・・


でも自分に合わないチームへ行ってしまうと。。。


高校ぐらいから完全に失速するのでは?


頭と身体への負荷が限界にきて、“器”か出来ていないのに詰め込まれては、伸びにくい。


ここでいう“器”とは身体の大きさではありません。


強いていえば、悩んで、迷って、気付くと器が少しずつ大きくなります。

ずっと背伸びをしてることに子どもは当然ですが、大人が気付かず・・・



親や指導者の期待に応えようとしていると容量オーバー。


壊れそうな状態をなんとか“失速”でバランスを保っている


本質を見てほしい。



こんな話がありました。


〇〇チームは1部だから、2部だから、3部だか、・・・〇〇コーチはええと思うけど・・・


で、こんな例え話。

私:『結婚するとき、大好きな女の人と結婚する?好きではないけど、お金持ちの女の人と結婚する?』

子供:『たぶん、好きな人と結婚すると思う。』



“人”を見てほしい。



本質はどこ???
指導をして20年ころから気付きました。。。


でも正解は無いんです。


だから、難しいけど、面白いんです。


FCマレッサ監督 梶田孝史



IMG_5052
IMG_5052
IMG_5049