昨日で津山遠征が終わりました。

良いとこも悪いとこも出た最終日。

全てが今の彼らの力だと思います。


残りの1ヶ月に期待です。



ーーーーーーーー


日本で朝、ベッドから出る時に、

スベインではベッドに入ります。




日本で夕飯を食べて
いる時、サンパウロでは
朝を迎えています。



君たちが生まれたその瞬間も、
君たちが何かにつまずき、

落ち込んでいるときも
どこかで朝日は
差し込んでいました。




まさに今この瞬間も、
どこかで朝日が
差し込んでいます。



夜明け前は一番暗く、
だけど空けない夜はない。




どんな時にも希望は
見いだせるし、

最悪をバネにして最高を生み出す
ことも出来る。



素晴らしい“朝”を迎えましょう。




超えられるからこそ、 
越えられる人にだけ、
壁がやってきます。



君たちなら必ずや
越えられるから。 




今の殻を破る勇気を持って欲しい。



無理矢理やらせて、
できるようにさせても、

結局、『考えることができない』人間になってしまいます。

高校や大学、社会で困る。



勇気はほんの一瞬
後悔は一生…



特定非営利活動法人KATTA MALEZA リレーションズ
梶田孝史



IMG_20190820_160217


津山遠征_2日目


朝からあいにくの雨模様。


ですが、ピーカンの快晴ではなかったために、
熱中症もなく大会は順調に進行。⚽




今遠征は、
『人への気遣い(配り)、人に喜んでもらう』がテーマ。

相手、審判、仲間、コーチ…




サッカーを通じて何を伝えるか。



もちろん、当然、勝負は大切ですが、


気配り
目配り
心配り
耳配り


そんな事ができる選手はどのステージへ行っても、サッカーも、それ以外も重宝されます。


人として大切なこと。



ただ上手いだけで
気配り・気遣い・考えることができないと
高校で、大学で頭打ちします。




そんな事が少しできるようになると、
内容も結果も上向きになります。




で、


今日は3年生にとってはマレッサでの遠征最後の夜。


恒例の打ち上げがそろそろ始まります。

この様子は卒団式の時のDVDまでお待ち下さい。




マレッサは、2年、3年共に皆元気です。



特定非営利活動法人 KATTA MALEZA リレーションズ
梶田孝史


IMG_20190819_183032
MVIMG_20190819_174628
IMG_20190819_174625

津山遠征初日



今年も作陽高校のご協力もあり、第4回津山フェスティバルに参加。



1部のメンバーは昨晩のナイターでのリーグ戦後ということもあり、疲労の中での初日となりました。



そんな中、気持ちをしっかり出すもの、出せないもの、様々。



3年生はマレッサでの最後の遠征、そして最後の夏です。



勝ち負けや、1stや2ndではなく、
『マレッサらしい』
最後の締めくくりにして欲しいと思います。




そうすれば、必ずや結果はついてきます。




彼らなら必ずやってくれると信じています。


2年生はそんな先輩たちの姿をしっかりと見て欲しいと思います。




足がつったりした選手はいましたが、熱中症などの体調不良はおりません。



特定非営利活動法人KATTA MALEZA リレーションズ
梶田 孝史




IMG_20190818_183311




IMG_20190818_183224
MVIMG_20190818_183150

↑このページのトップヘ