こんばんは。

急に暖かくなり、花粉が・・・
この時期は本当に辛い。

4月になるまではこんな状態が続きます。。。

今日、こんなブログを読みました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【ネームバリューだけでチームを選ぶのはやめよう】

「選手がU9やU12のときは指導者が働きかけて、ベースを作っていくことが大切だと思います。SVハイムシュテッテンでサッカーを続けていた選手たちは、U11のときにミヒャエルという優れた監督に出会って、人間的な部分と同時に“サッカーがうまくなるためには、どうすればいいか”という理由や考え方をしっかり教わってきました。その原体験があったから、サッカーの楽しさや深さを知り、長くサッカーを続けてきていたのではないかと思います」
 
小学生年代でどのような指導を受けるか。また、どのようなコーチと出会うか。それは後のサッカー人生を左右することになります。サッカー少年のお父さんお母さんは、クラブやコーチのネームバリューに左右されず、トレーニングを見学したりコーチと対話することを心がけ、コーチの人柄や指導の内容などをしっかりと把握したうえでチームを選ぶことが大切なことかもしれません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ネームバリューそして、『結果だけ』で選ぶことのないように・・・です。
もちろん、結果も大切です。
ただ、本当に結果というのなら、OB達がどのくらい高校、大学でサッカーを楽しんでいるか?

結果を重視するチームなら、高校でJユース、その先ではJリーガーが本当に出ているのか?
Jリーガーは難しくても、Jユースは必要かもしれません。
結果を言うのなら、そこは絶対だと思います。
結果=中学の時だけの結果ではないのか?

そんなこともしかりと見ていかないといけないのだと思います。

今の時代、スポーツに限らず子どもを指導するところは、『人間性』とか、『考えさせます』とかをお題目のように言います。
しかし実際、本質はどうか?

自分自身を俯瞰してみれる指導者なのか?

スポーツの本質、スポーツマンシップの本来の意味、スポーツと体育の違い(これは中々答えられる方はいないいんです。)を伝えられる指導者なのか?

そんなことを改めて考えさせるブログでした。

 

今日は訃報が飛び込んできました。
中学時代の後輩が亡くなったと。それも昨年の5月に。。。

Facebookからも消え、心配の声が出ていましたが、亡くなっていたとは。
中々元気の良い後輩でした。

『生きているだけで丸儲けです。』

ご冥福を心よりお祈りします。   

合掌

 

こんばんは。

今日は色々と忙しかった・・・
朝から大学の練習へ行き、昼から○○中学へ、、、そして、3時から事務処理して、夕方からマレッサの練習。


そこで、ある3年生の行動をみて、妙に気になり、、、
練習後に彼に電話をして『今の自分』の話。📱

彼は推薦で私立高校へ進学します。

そして、怪我明け。
イライラしているのも分かります。




で、こんな話をしました。

今の自分を俯瞰(ふかん)してみてどない?
・動きが悪い
・イラついている


という彼の答え。


で、私から
・練習への取り組みはどうか?
・その取り組みを後輩たちが見て、どう思ってるかな?
・後輩たちへの声かけはどうか?
・実際、何考えてやってる?



という話をして、自分の今日、グランドへ来てここまでどうだったか?

『・・・』


私から、「何も言わなくて良いから、自分で俯瞰して考えてみて」と伝えました。


おそらく、何かを見れた瞬間だったとおもいます。


私は昨年、体調を壊し、監督ではなく、総監督としてチームに在籍しました。

それを許してくれた当時の会社、そこの社員の方々、マレッサのスタッフには感謝しかありません。


ただ、中3の子ども達には、マレッサの肝である、『人として』『自分からの気付き』『本当の規律』そして、『俯瞰してる自分を俯瞰する』という事を伝えるチャンスは中々無かったように思います。

なので、今は私学が決まって練習に来ている3年生には少しでも伝えられたら、と思っています。

マレッサでは、肉体的な苦しさも与えますが、メンタル的な話が多いかもしれません。
ただ、間違いなくそれがサッカーに結びつきます。
それがないと、自分たちで考えません。
指示待ちの選手になります。
スーパー指示待ち選手が集まると勝てますが、感動は中々ありません。
やはり、自分たちで考えて欲しい。


チームの結果も大切にしますが、選手が高校へ行って、大学へ行って、どんな選手になっているか、どんな大人になっているか?

チームの結果だけを見てはいけない。
どんな選手が育ち、どんな人になっているか?

今日、その3年生に電話で10分くらいでしたが、何かを感じ取ってくれたかな、と思います。

彼のこれからに期待したいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

親目線では見ると、マレッサではおこがましいですが、『ほんの少しの子育てのお手伝い』だと思ってやっています。

昔は、結婚して、子どもができたら親の気持ちが分かるようになる、と思っていましたが、どうやらそうではないようです。
結婚して、子どもが居ても、分からない人は分からない。
未婚でも、子どもが居なくても、分かる人は分かります。

結局、当事者意識をどれほど持つか、なのかな、と思います。


FCマレッサ 監督 梶田孝史




クラブ・習い事との両立なら


勉強の癖付けは

FCマレッサの新中学1年生の説明会はこちら
花園ラグビー場内で行います。練習している人工芝などもご覧ください。
駐車場は無料です



雑感はここから

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟


こんばんは。

アドバンスリーグが始まって2週間が経ちました。

1st、2ndに分けて、彼らなりに色々感じたことでしょう。

区別はするけど差別はしない!
 

こんな考えでやっています。

1stも2ndも関係なくモチベーションビデオを見せ、ベンチに入り、メンバーを決めさせてもらい、 選手と話しています。

マレッサは雑草です。
常勝でもなんでもありません。
勝ったり負けたりがちょうどよい。
でも、少しずつ勝率が上がれば嬉しいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雑草とは、人間が生活している範囲に人間が意図しないで生えてきた、生命の強いのこと。
生命が強いため除草してもすぐ生えてくる。

そのため踏まれても踏まれても立ち上がる人のことを「雑草魂」と呼んだりする。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

本気でやって、本気で転んで・・・

・転ばぬ先の杖ばかり

・なぜ(why?、what?)ではなく、どうやったら勝てる?、どうやったら上手くいく?(How?)という方法論ばかり

が多い中、マレッサは少々異なるかもしれません。

『子育てのほんのちょっとしたお手伝い』ですから、多少切り口が違ったりします。(^^;)

でも、汎用性のあることだと思い、やっています。


そんな中、今、2年生は苦しんでいます。(笑)

『マレッサゆるいよ~』なんて言われますが、2年生はたぶんきっと、そんな風に思っていないと思います。

そうです、安心してください。『ゆるくないんです。』

これが産みの苦しみであることを願います。


FCマレッサ 梶田孝史



 
人気ブログランキング

↑このページのトップヘ