◎入会する、しない、に関しては聞いてから決めて下さい。

◎どんなチーム?、どんなスタッフがいるの?、などを見に来て下さい。

※体験練習に関してはこちら


■会場 ⇒ 東大阪市総合・東体育館 中会議室
東大阪市 鷹殿町 1−2
※コインPあります。
 

■日程 ⇒ 2019年2月17日(日)

  

■時間 ⇒ 19:00~20:15(18:40受付開始)

 

■内容 ⇒ 指導方針・年間予定・スタッフ紹介・質疑応答・入会手続き 

 

■その他⇒ お車は駐車場にお停め下さい。(有料)
         説明会当日、都合の悪い方はご連絡ください。別で説明させて頂きます。
      
是非、お子様もご一緒にお越しください。
   FCマレッサのこれまでの映像も流します。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんばんは。

1年生の名古屋遠征初日が終わりました。


今日は初戦から岐阜県の強豪チームとの対戦でカウンターパンチを食らいました。

ほぼ2年生でしたが、パススピード、フィジカル、個々の技術などなど、勉強する点が多々ありました。




マレッサに入って約9ヶ月が経ちました。


喜怒哀楽の表現がとても良くできる学年ですが、ここらで少し変わり始めて欲しいと思っていましたので、今日の試合は良い方に影響すると思います。



また、今回の合宿は普段の1年生担当全員が一緒に居るので色々な意見交換をしていました。


私はその様子を観ながら、選手達の事も良く観れた1日となりました。



あと2日、彼らが成長するための何かに気付いてくれる事を期待したいと思います。



明日、新たな発見があることを期待したいと思います。



現在、大きな怪我、病気もなく、皆、うるさく元気です。




FCマレッサ 梶田孝史 (特定非営利活動法人 KATTA MALEZA リレーションズ)

79229849-F864-44F9-B5EA-7B8BFBB64236
50339629-32A7-4EA7-B96F-891EBC7DB8C4
DD0AB58E-7F83-49A4-8559-CC601A5C9867

2019年度 新1年生 体験練習について

現6年生の皆さんへ
新1年生の体験のお知らせです。

入会する、しないに関わらずまずはグランドへお越しください。

毎週月、金は練習参加可能です。(GKは木曜日に特別練習があります。)

水曜日、土曜日、日曜日、祝日へのご参加の場合はお問合せ下さい。

*体験練習などの詳細はこちら!


~~~~~~~~~~~

こんばんは。

期末テスト前となり、この時期は多くの中学校のテストが同じ時期に重なるので、全体でOFFを取る数少ない時期となります。


子ども達の指導をしてもう〇〇年になりますが、今も昔もこんな感じの質問だけは常にされます。


『勝ち負けに関してはどのように考えてますか?』



勝ち負け、当然大切です!


そもそも…

スポーツの定義は、❝勝ち負けの伴う真剣な遊び❞ なんですから、当然です。


これまた、“遊び”というと語弊があるかもしれませんが、 play = 遊ぶ、楽しむ という意味がplayを調べると一番に来ます。



お父さんやお母さんたちも趣味に対してかなり必死に、真剣になってますよね。


バレーやソフトボール、ゴルフや野球、サッカー。。。

少しでも上手くなろうと、色々とネットで調べたり、上手い人に聞いたり、真似て練習したり。。。


きっと、そこから「考える」となります。


私の言う遊びは“そんな必死にやる遊び”のことです。

※大人に『考えろ~~~』と言われ続けては絶対に考えるようになりません。
その言葉を言い続けると当事者意識を失くさせる言葉でもあります。




そもそもスポーツって、そんなもんなんです。


そんなとこから、仲間意識や頑張る気持ち、負けん気、等々が育まれます



そして、仲間で考え、指導者の導き(枠にはめ込む事ではない)から、どうやって攻めるか、どうやって守るか、を考えて勝ちを目指します。


もちろん、GOOD LOSERの精神もしっかり伝えなくてはなりません。

負けたら悔しいけど、相手をたたえる気持ちです。
そこから、次は負けないように…となるはず。


指導者は導くだけ、と考えています。 結構難しいけど。



そして、保護者の方々は頑張ろうとしている子へのサポート(食事や時には送り迎え、家族の予定を合わせる)などをお願いします。

子どもが気付かないように、うまくサポートしていくのが、大人達(指導者や親)の役目です。
う~ん、難しいですね。。。


気がついたら考えてやるようになっていた。。。なんていうのが一番ですね。

そんな時は【心に火が灯っています。】
心に灯がともると、心が動き出します。


そのために、指導者は色々な方法を試行錯誤してます。

・戦術の枠にはめ込み過ぎてはいけない。

・やらせる事は大切だが、ずっとやらせてはいけない。


こんな事に気をつけながら、いかに灯を付けていくか。。。




昔、勝ちたいくせにこんなこと言ってたんです。

・勝ち負けより大事なことがある、とか

・勝たなくても良いから、良いサッカーをしよう、とか

・負けても良いから楽しいサッカーをしよう、とか

・全員が試合に出ることが大切だから負けてしまうのは仕方がない、とか


全て間違っているように思います。 

今思うととても恥ずかしい。。。



勝ち負けに対して選手達が拘れるように彼らの心に灯をともす、事が指導者の役目だと思っています。


そして負けに対して責任を持つのも指導者、だと思います。



今年も新チームが始まりました。

しんどかったりしますが、楽しみな1年が始まりました。


今年はどうなることやら。。。


Jr年代も来年度からが楽しみです。




FCマレッサ監督 梶田孝史 (NPO法人 KATTA MALEZA リレーションズ)

ホームページ&ツイッター

ホームページのトップ情報を少し変更しました。
お時間ある方はどうぞ…
>ホームページはこちら


Twitterもたまにやってます。
お暇な方はどうぞ…
>こちら


2019年度 新1年生 体験練習について

現6年生の皆さんへ
新1年生の体験のお知らせです。

入会する、しないに関わらずまずはグランドへお越しください。

毎週月、金は練習参加可能です。(GKは木曜日に特別練習があります。)

水曜日、土曜日、日曜日、祝日へのご参加の場合はお問合せ下さい。

*体験練習などの詳細はこちら!


~~~~~~~~~~~
こんにちは。

11月も半ばに入り朝晩がかなり冷え込むようになりました。

ここからの時期、体調管理にはくれぐれも注意していきたいと思います。
皆様もご自愛下さい。


さて先日、ある指導者が少し悩んでいる、と。

自チームの選手が直ぐにこういう、と。。。


選手『みんなやってますよ。』

選手『みんな言ってますよ。』

選手『みんな持ってます。』


みんな、みんな、みんな… 聞いているときに、思い出しました。


昔、恩師に言われたことを…


ー・-・-・-・-・-・-・- 
《みんなと同じ》は、良い事はほとんど無い。

自分の意見を持っていても、言えない人が言う。
ー・-・-・-・-・-・-・- 



こういった事を、子ども達が言うときは大人の姿勢が大切なんだと思います。

大人でも、『みんなが…』とか、黙ってしまったりしてしまいがちです。

※こっちの方が目にするかも…(笑)

当事者意識を持たせると変わるような気がしていますので、常に言い続けています。


チームスポーツをする際の意識の共有とはもちろん違います。


学校選び、チーム選び、仕事選びのときも大切な事だと思います。




そんな〝自分〟を持った子どもをサッカーを通じて大人へ育てることができたら、と改めて思いました。

長く続いているプロスポーツ選手(Jリーガー、プロ野球選手などなど)はテクニックとかより、そんな〝自分〟を持っています。



FCマレッサ監督 梶田孝史
(NPO法人 KATTA MALEZA リレーションズ代表理事)
FEA680A0-900C-483A-A04D-D77EB86ACD52
こ
FEA680A0-900C-483A-A04D-D77EB86ACD52

↑このページのトップヘ